ひまわり法律事務所は自己破産の相談もできる?


ひまわり法律事務所 評判

「ひまわり法律事務所」では、自己破産の相談もできる?

皆さんは、今抱えている借金の問題を、どのように解決したいとお考えでしょうか?…決して、ご自身だけで解決しようとは思わないでくださいね。

 

 

借金の問題を解決するには、借金を減額する手段“債務整理”が必要となります。この債務整理ですが、個人が行うのは至難の業といえ、よほど法律の知識に詳しくない限り、手続きや交渉が上手くいかないでしょう。

 

 

中でも、個人再生や自己破産は裁判所を通さなければならないため、弁護士に依頼するのが一般的です。複雑な手順を踏むので、任意整理よりもかかる費用は高額となります。相場を理解しておき、悪徳な弁護士に騙されないよう心得ておきましょう。

 

 

では、「ひまわり法律事務所」はどうでしょうか?こちらの事務所は任意整理や過払い金請求に強いことで有名です。個人再生や自己破産の相談も可能なのでしょうか?ひまわり法律事務所に相談したいと考えている皆さまのために、個人再生や自己破産のシステムを調べてみました。

 

 

一般的に個人再生や自己破産の費用はどれくらいかかる?

 

個人再生や自己破産の費用は、個人または法人、同時廃止または管財事件…といった具合に、事案によって変動があります。また、報酬金や実費は依頼する法律事務所によって金額に差があります。そのため、相談の段階でかかる金額がクリアになっていることが重要です。

 

 

個人再生にかかる費用は、合計30万円〜50万円程度が相場だといわれています。自己破産にかかる費用は、合計40万円〜80万円程度が相場だといわれています。

 

 

「ひまわり法律事務所」に自己破産の相談を!〜相場以内の費用設定〜

 

個人的には、自己破産を含めた債務整理の相談をするなら、ひまわり法律事務所をおすすめします。まず一つに、債務整理にかかる費用がクリアであること。そして二つ目は、金額が相場の範囲内であることです。分割払いの相談にも柔軟に乗ってもらうことができます。

 

 

【相談の段階で費用の説明アリ】

 

ひまわり法律事務所で債務整理の相談をすれば、その段階で個別に費用の説明があります。基本的な料金システムは以下となります。

 

<自己破産−同時廃止>
・着手金 30万円以上
・報酬金 無料
・実費(印紙・切手など) 2万円程度

 

<自己破産−管財事件>
・着手金 40万円以上
・報酬金 無料
・実費(印紙・切手など) 2万円程度
・予納金 20万円程度

 

<個人再生>
・着手金 40万円以上
・報酬金 無料
・実費(印紙・切手など) 3万円程度

 

病気などの特別な事情があるケースでは、着手金が減額される可能性があります。

 

 

弁護士連合会の規定以内?ルールに反した料金システムに注意!

 

債務整理の費用は、日本弁護士連合会で定められた「債務整理事件処理の規律を定める規程」に則っていることが大前提です。稀にルールに反した請求を行う法律事務所があるため気を付けましょう。

 

 

リスクを避けるために皆さんができること、それは誠実な弁護士に相談することです。個人再生や自己破産のことで疑問があるなら、ひまわり法律事務所の無料相談を利用してみましょう。

借金返済のコツ

ひまわり法律事務所は自己破産の相談もできる? ひまわり法律事務所は自己破産の相談もできる? ひまわり法律事務所は自己破産の相談もできる?


ひまわり法律事務所は自己破産の相談もできる? ひまわり法律事務所は自己破産の相談もできる? とりあえず、街角法律相談所がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。